Home > 治療の流れ

治療の流れ

  • 2014-02-22 (土) 23:04

治療の流れ

【1】 受付・予診表

まずは受付で保険証を出して頂き、予診表に必要事項を記入して頂きます。

【2】 問 診・触診・検査

予診表に基づき、触診・視診・整形外科的な徒手検査を行い、その症状・原因を把握し、適切な施術方法をご提案します。

【3】 施 術

手技療法・物理療法・運動療法・テーピング療法など、患者さまの症状に合った施術を行ないます。

● 手技療法

picB04
手技

問題のある部位だけでなく、全身のバランスを見ながら、人の手により筋肉をもみほぐし、筋肉・関節の状態を改善させます。痛みを伴いませんので安心して心地良く受けられます。

● 物理療法

当院には、体に電気を流し痛みを抑える低周波、体の深部まで暖め血流を良くするマイクロ波、水圧で全身の筋肉をほぐし体のバランスを整えるウォーターマッサージベッドがあります。

picB05
低周波治療器
picB06
マイクロ波治療器
picB07
ウォーターマッサージ・ベッド

● 運動療法

picB08
ストレッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストレッチ・関節可動域改善訓練・モビライゼーション・操体法等により身体運動機能を回復させ、日常生活・スポーツ現場への復帰を目指します。

 

● テーピング療法

picB09
テーピング


必要に応じて包帯・テーピングなどによる固定処置を行い、治癒環境を整えることで早期回復を目指します。日常生活・スポーツへの影響を最小限にできるよう工夫します。また、動きをサポートし痛みを押さえたり、患部の組織循環を改善させる特殊テーピングも行います。

時間

初診は45分程度、2回目以降は35分程度を必要とします。お急ぎの場合はスタッフにお申し付け下さい。

服装

服装は普段着のままで結構です。
仕事帰りなどでもお気軽に来院して頂けるように、お着替えも準備しておりますので、必要な方はスタッフにお申し付けください。

Home > 治療の流れ

RSS Feed

Return to page top